ファミリーマート

詳しいことはWikipediaも参照。

概要

セブンイレブン・ローソンとは違い日本原産のコンビニエンスストア。西友ストアー(現西友)が1973年に創業(本格的なフランチャイズ開始は1978年)した物に始まる。独自にチェーンシステムを開発したために営業エリアの展開に縛りはなく、比較的早くからアジア各国に地元企業と合弁で進出している(「海外での展開」項も参照)。
長らくセブン・ローソンの下に甘んじてきたが、am/pm、ココストアの買収で地盤を固め、業界4位だったサークルKサンクスの買収で2位に躍り出る。

海外での展開

上述の通り、海外での展開には積極的で、1988年には台湾、1990年には韓国に進出。中国には2004年に進出し(2019年5月現在)1430店舗を展開。2005年には「Famima!!」のブランド名でアメリカに進出したが、2015年に撤退。2009年にはベトナムに進出。ホーチミン市に130店舗を展開。

台湾部門

1988年に「全家便利商店」の名前で進出。2019年2月時点で3342店舗を展開する。
また、同業の統一超商と並んで「超商双雄」と呼ばれている。

韓国部門

全体像については韓国のコンビニエンスストアを、また現在の展開はCUを参照

サムスングループとされる晋光グループ(現BGFリテール)と提携し、1990年に進出。かつて韓国で1位の7000店舗超を出店していたが、「業界3位の企業に教わることはもうない」と言われ独立された。なお懲りずに再進出を目論んでいるとかいないとか。

また、北朝鮮の開城工業団地にも出店していた(ファミリーマート時代に撤退済み)。

出典

世界コンビニ・スーパー名鑑に戻る
トップに戻る