スパー

目次

概要

ヨーロッパを中心に48か国以上で展開する世界最大の食品小売チェーン。店舗数は13112店舗(2019年9月現在)で、毎日1350万人以上が利用する。
オランダのアムステルダムで食品卸会社を経営していたアドリアン・ファン・ベルが1932年、16人の小売店主とともに結成したボランタリー・チェーン「DE SPAR」がルーツとなっている。
DE SPARはオランダ語で「モミの木」の意味だが、同時に「共同経営で常に利益(Door Eendrachtig Samenwerken Profiteren Allen Regelmatig)」の頭文字をとったスローガンにもなっている。

スパーは傘下にいくつかのサブブランドを展開しており、ヨーロッパでは「ユーロスパー(Eurospar)」、アフリカでは「スーパースパー(Superspar)」、コンビニ形態の「スパー・エクスプレス(Spar Express)」、ハイパーマーケット形態の「インタースパー(Interspar)」などが例として挙げられる。日本にかつて存在した「ホットスパー(Hotspar)」もその類と言えるだろう。但しすべての業態、サブブランドがすべての国で展開されているわけではない。

各国の展開例

イタリア

イタリアにおけるスパーは1959年にマリノ・プギナ(Marino Puggina)によって導入され、翌1960年に最初の店舗が開業した。
また、地域ごとに企業が分かれている(イタリアのDESPAR公式(イタリア語)も参照)。

その他

各国の店舗数

アンゴラ、グリーンランド、バヌアツにも進出している(いた?)らしいが詳細は不明。

(出典:公式サイト

脚注

出典・外部リンク

世界コンビニ・スーパー名鑑に戻る
トップに戻る