サークルK

概要

1951年にアメリカで発足。紆余曲折を経てアリマンタシォン・クシュタールの傘下となる。
日本ではかつてユニーがサークルKサンクスを運営していたが、
ファミリーマートに買収され日本から撤退。日本に限らず他地域でも斜陽のようで、あちこちで撤退している模様。

上のロゴを見て「あれ?」と思った方も少なくないかもしれないが、日本でかつて使われていたロゴは二世代ほど前のものである。

海外での展開

中国

香港・マカオを中心とする地域で展開する。

香港の「OK便利店」は貿易企業「利豊」の手によって1985年に進出した。香港に335店舗を、広州に71店舗、珠海に12店舗を展開する。

マカオ(澳門)では「澳門OK便利店有限公司」という企業が運営する。最盛期には21店舗を展開していた。

なお、中国語圏では「サークル」の発音が難しいことから、「OK」の名で展開している。

台湾

台湾の「OK超商」はかつてサークルK傘下であったが、現在(時期は不明)では本国から契約を解除され、企業ブランドも変更されている。

日本

日本では中京圏を中心に展開していたスーパーマーケット「ユニー」の手によって1979年に進出。2001年には関東圏を中心に展開していたコンビニ「サンクス」を買収し、往時は3大コンビニの下につく7000店舗近くを展開していた。

しかし、ブランドを統一できなかったこと、また3大コンビニの規模があまりにも大きすぎたことから、2016年に親会社のユニー共々ファミリーマートに合併。2018年までに完全消滅した。

店舗数

ベトナムの公式ページによると、サークルK直轄で13000店舗、ライセンス店舗で2000店舗あるとのこと。

フィリピン - 10店舗
ベトナム - 353店舗
台湾(OK超商) - 880店舗(台湾コンビニエンスストア勢力図
その他 - 不明

出典・外部リンク

世界コンビニ・スーパー名鑑に戻る
トップに戻る